プロ出会いリーマンの出会い道 l 出会いノウハウあれこれまとめ

こんにちは、トモトモと申します。 皆さん、女の子と出会えていますか?どこにでもいるリーマンの僕は、出会えています。 このブログの目的は、①「体験記を備忘録的に残したい」②「出会いに悩みを抱える方々とノウハウを共有したい」です。 私トモトモと何人かの共著者と一緒に、自身のマーケティングや事業企画のスキルも使い「口コミ」「コツ」「テクニック」「スキル」を紹介していきます。さあ、あなたもご一緒に出会える人生を謳歌しませんか?

⚫️サービスの口コミ&業界人コバヤシの視点

⚫︎比較するときに!複数サービス利用者の口コミ

こんにちは、婚活サービス業界で働くコバヤシです(^_^) 

今回は口コミの紹介ですが、複数のサービスを利用している方の口コミ・体験談
です。
SNSを利用した出会いサービスで、ペアーズ(pairs)・omiai(オミアイ)・DMM恋活が挙がっていますね。複数のサービスを利用した方の口コミは、どのサービスを利用しようか考えている人には、参考になるかもしれませんね☆

⬛️◻️は複数のサービス利用している方の口コミ・体験談⬛️◻️
  
女性_20代後半専門職(看護師) 

私は婚活目的でペアーズ(pairs)、omiai(オミアイを利用しています。(*^_^*)
複数利用する理由ですが、単純に出会いの機会を多くすることが目的です。

たまに、男性も両方利用している人がいますね笑
完全に自分のことを棚に上げますが、それはちょっとヒキます笑
1回、ペアーズ(pairs)でいいねをもらった男性から、omiai(オミアイ)でもいいねをもらい、覚えてないでいろんな人にたくさんいいね押してるのかなー、
って思ってアレでした。

私も同じように思われないように、少しだけ工夫しています。
それは、写真を変えることです。
ペアーズ(pairs)で利用している写真と、omiai(オミアイ)での写真を
写真の角度や撮る背景が違うものを使って、同一人物と分かりにくいようにしてます。
どれだけ効果あるかわかりませんが笑、少なくとも男性で同じ写真を使っている方を見たときに気付いたので、そういうことは少しだけ防げるかなと思いますよ。

で、それぞれのサービスの感想は下記のように思っています。

⚪︎ペアーズ(pairs)は男性がちょっと軽くて、人が多い。
⚪︎omiai(オミアイ)は真面目な男性が多く、人は少しだけ少ない。

私の主観です笑
今まで10人くらいと会いましたけど、なんとなくそんな傾向がある気がします。
職場の同僚も両方利用しているんですが、同じような印象を持っていると言っていたので、あながち大きな勘違いではないのかなと思っています。
でもカラーが違う人と会えるのは、全く出会いのない今の職場環境を考えると、
満足しています笑

男性_20代後半会社員(営業) 

こんにちは、僕はペアーズ(pairs)とDMM恋活を利用しています。(^-^)
利用目的は、彼女探しと遊び目的の2つです笑(ゴメンなさい)

ペアーズ(pairs)はけっこう前から使っていましたが、最近DMM恋活も利用し始めています。ぼくはけっこうな地方在住ですので、地域検索をすると人数がそんなに多く出てこないんですよね。ペアーズ(pairs)は登録者数が多いらしいですけど、地域にさらに年齢をかけて検索すると、気になる子にはけっこういいねしちゃいました笑
そこで、もっとアプローチしたいな、と思ってDMM恋活も登録しました。

で、印象ですが、ペアーズ(pairs)はけっこういいねの返信もあって、ちょいちょい会えています。毎月だいたい2人くらいかなあ。
DMM恋活は、いいねの返信率がちょっと悪いように感じます。なんでですかね、女の子の選び方も同じようにやってるんですが、ちょっと悪いんですよね。
もしこれが皆さんそうであれば、ペアーズ(pairs)の方が、出会いたい人が多くて、冷やかしが少ないのかな、と思います。
皆さんはどう感じてるか気になります。

とはいえ、まだまだ出会っていきたいので、続けます笑
またアプローチする人が少なくなってきたら、omiai(オミアイ)を検討しています。
でもお金もかかるので、DMM恋活をいったんやめてomiai(オミアイ)を試す感じかなー、って思っています。
20141018_162347

⚫︎ペアーズ(pairs)の口コミ_利用目的別編

こんにちは、婚活サービス業界で働くコバヤシです(^_^) 
今回は「ペアーズ(pairs)の口コミ」の特別編です。

「口コミは利用目的により変化する」ことを他の記事で書きました。
ですので、なるべく同じ背景を持つ口コミをまとめ、客観的に評価できるようにしたいなと考えました。
下記に複数の軸で分類してみましたので、ぜひ参考にしてください♪


⬛️◻️利用目的別_ペアーズ(pairs)の口コミ⬛️◻️
①婚活目的
  
・女性_30代前半会社員(事務) 
私は婚活目的でペアーズ(pairs)を利用しています。
職場の同僚の口コミで勧められました。
友人が続々と結婚していくので、焦っているのが理由です^_^;
今まで3人とお会いしましたが、1人、いい人がいました。
まだたまに食事をする仲ですが、これまで全く出会いがなかったので満足です☆
  
②恋活目的

・男性_20代後半公務員(地方公務員)
しばらく彼女がいないので、彼女探しでペアーズ(pairs)に登録しました。
お金がかかるのはちょっと痛いですが、手軽の女の子を探せるのはいいですね♪
地方に住んでいるので、同じ地域の登録人数はそこまで多くはないようですけど、
ちょっと離れたところでも車で会えばいいかなと思っているのでOKです。
何人かとメッセージしているので、近々彼女ができる予感はあります笑

③友達探し

・女性_20代前半医療系(看護師)
職場で出会いがありません!笑
合コンもしたことがありますが、ちょっと苦手で。
まずは友達が欲しいな〜と思ってペアーズ(pairs)を利用しているので、
同じ趣味をもつ人と知り合えればいいなと思っています。
ちょっとオヤジからのいいねが多いので困ります笑
ガツガツせずにのんびり使います(^^)

④遊び相手探し

・男性_30代前半会社員(営業)
けっこう出会ってます笑
まだ結婚はいいかな、と思ってるので、合コンとかのかわりに利用しています。
彼氏が欲しい女の子が多いので、ちょっと仲良くなったらすぎに飲みに行けますので、
月に3人は食ってます笑
プレミアム会員になって月に6千円〜8千円くらいかな?
飯代は別にかかりますけど、ペアーズ(pairs)料金だけでは
1人2,3千円で食えるって効率いいですよね。

⑤暇つぶし

・女性_20代前半学生(大学生)

暇だったので、無料なのでペアーズ(pairs)に登録しました。
とりあえず知り合いにバレずに暇つぶしできるかな、という理由です笑
たまに返事返してますけど、あまりメッセージはしないです。
まだ会ったことないけど、イケメンいたら会ってもいいかもって思ってます笑

どうでしたでしょうか?
あくまで口コミなので、他人が主観的に感じた意見です。
そこを理解した上で参考にする程度が利用方法かもしれません。
でも、実際の利用者の言葉は参考になることも多いと思いますので、
他にも様々な口コミがあるので、どんどん追加掲載していきたいと思います!(^_^)v
20141013_185210

⚫︎ペアーズ(pairs)の口コミ _女性編& 業界人コバヤシの視点

こんにちは、婚活サービス業界で働くコバヤシです(^_^) 
今回は「ペアーズ(pairs)の口コミ女性
編」です☆ 

ペアーズ(pairs)を利用する目的は、男女共に下記に分類できると思います。

<ペアーズ(pairs)を利用する目的>
①婚活目的
②恋活目的
③友達探し
④遊び相手探し
⑤暇つぶし
※上記はペアーズ(pairs)に限らず、出会いサービスを利用する理由のMECEでしょう。(MECEはモレなくダブりなくという意味のフレームワークです)

女性は④が男性より少なく、主には①②です。
様々な口コミ等を鑑みますと、ボリュームは下記と想定します。

<女性がペアーズ(pairs)を利用する目的のボリューム>
・①②>③④>⑤

⬛️◻️ペアーズ(pairs)の口コミ_女性編⬛️◻️

◎良い口コミ、体験談

・女性_20代前半会社員(事務)_恋活目的 

前の彼氏と分かれて、彼氏が欲しかったのでペアーズ(pairs)に登録しました。 無料だから試しで始めて見ましたが、たくさんメールがきてびっくり。 婚活というよりは恋活にぴったりのサービスだと思います。 コミュニティがいくつもあって、共通の趣味がある人を探せるので便利でした。    

▲悪い口コミ、体験談 

・女性_30代後会社員(広報)_婚活目的   

ちょっと軽いかな、という印象はありましたが、 無料だったのでペアーズ(pairs)に登録しました。 Facebookを使っているのでそこは安心かも、という点も決め手です。 ただ、なかなかいい出会いがまだありません。 真剣な人がいいんですが、すぐに会おうとするちょっと軽い人が多い気がします。

⬛️◻️T業界人コバヤシによる業界目線チェック⬛️◻️

上記では、利用目的により、サービス体験した感想が異なっています。
もちろんそれぞれの年齢やルックスなどの変数により差は生じますが、
ペアーズ(pairs)は目的が恋活の方がマッチするサービスなのかな、と理解しています。もちろん、口コミはとても主観的な情報なので、それを理解した上で接することが重要です。
20141012_194817
カテゴリー
  • ライブドアブログ