プロ出会いリーマンの出会い道 l 出会いノウハウあれこれまとめ

こんにちは、トモトモと申します。 皆さん、女の子と出会えていますか?どこにでもいるリーマンの僕は、出会えています。 このブログの目的は、①「体験記を備忘録的に残したい」②「出会いに悩みを抱える方々とノウハウを共有したい」です。 私トモトモと何人かの共著者と一緒に、自身のマーケティングや事業企画のスキルも使い「口コミ」「コツ」「テクニック」「スキル」を紹介していきます。さあ、あなたもご一緒に出会える人生を謳歌しませんか?

●セフレの気持ちを知ろう♡セフレ女子にインタビュー

●セフレ女子のホンネをインタビュー OL26歳A子①

今回は、前回好評の「セフレ女子」へのインタビューです。
今回の「セフレ女子」は、社会人です。
はい、OLです。
オフィスレデイです(*^^*)

年齢は26歳、勤め先で事務を行う、学歴は4年制大学卒のA子ちゃんです。
 
 OL1
ーーーーーーーーーーーーーーー
26歳、事務職のOLのリアル。
ーーーーーーーーーーーーーーー

私  :「こんにちは、よろしくね(^_^)」
A子:『こんにちは。よろしくお願いします☆』
私  :「いきなりですが、セフレ経験ありですか?笑」
A子:『はい!ありです笑笑』
私  :「ありがとうございます笑 なぜかお礼を言ってしまいましたけど、セフレはいつ頃の話ですか?」
A子:『あ、今です笑』
私  :「今ですか!生々しくていいですね〜、会社の人ですか?」
A子:『そうです。上司の課長ですね。』
私  :「あ〜〜〜、定番というか、憧れというか、そうなんですね。不倫ですか?」
A子:『はい、そうなっちゃいますね。でも、奥さんから奪おうとかじゃ全くなくて、軽い感じで付き合ってる感じです。』
私  :「男からしたら、ある意味理想の女子ですね。」
A子:『そうかもしれませんね笑。でも深入りする気はなくて、たまたまちょうどいい相手が会社内にいた、っていう感じです。将来は素敵な人見つけて結婚したいので笑』
私  :「なるほどなるほど、あくまで期間限定の付き合い、ということですね。」
A子:『はい、そうです。』
 
ーーーーーーーーーーーーーーー
あるOLがセフレになったきっかけ。
ーーーーーーーーーーーーーーー

私  :「きっかけは何かあったんですか?」
A子:『そうですね〜前彼と別れて、しばらく半年くらい一人でいたんですけど、やっぱり寂しくて。で、そんなときに会社の飲み会で色々話して仲良くなっていって。その後に2人で飲みに行って、そのまま流れでそんな感じになっちゃいました・・笑』
私  :「彼氏と別れた後で、寂しい時期にちょうどいい男と出会ったんですね。」
A子:『はい、やっぱり寂しいですし、正直に言うと、まだ若いのでエッチしたいんです笑』
私  :「だよね笑」
A子:『うん笑 でもOLやって世間も少し見てきたので、その辺でナンパされて、とかはなんかイヤで。』
私  :「うんうん。1回限りもけっこう疲れるしね。」
A子:『そうなんです、継続的に仲良くできる、それも信頼できる相手がいいですね。会社の上司っていうのはちょっと良くないですけど笑、素性のしれている相手という意味では間違いないですからね』

ーーーーーーーーーーーーーーー
OLって、セフレになりやすいの?
ーーーーーーーーーーーーーーー

私  :「周りの友達とかで、セフレってけっこういるもの??」
A子:『そうですね、多くはないかもしれませんが、2,3人は知っています。』
私  :「大体何人中?」
A子:『20人位ですかね。』
私  :「じゃあだいたい10%程度はセフレ女子、ってことだね。」
A子:『そうなるんでしょうか笑』
私  :「もちろん時期にもよるけど、タイミングによっては、セフレ女子になることがありえる、っていうほうが正しいかもしれないね。」
A子:『そうですね〜。友達の中には、彼氏以外は絶対無理っていう子がほとんどなんで、少ないとは思いますけど。』
私  :「そうかもしれないね。でも、あえて自分でセフレ経験を話す女子って多くいるものかな?実はセフレ体験はしたことがあるんだけど、それは言わない子の方が多いと思うんだよね、きっと。」
A子:『それはそうかもですね。たしかに私も本当に仲のいい友達にしかぶっちゃけませんし。そう考えると、もっといるのかな笑』

続きは次回です(^_^)

●セフレ女子のホンネをインタビュー 女子大生M美②


引き続きインタビューです(^^)
インタビューする方はムラムラします笑

===================
■プレイはやっぱり制服モノ笑
===================

私:「セフレのリーマンとはどんなプレイするの??」

M美:『どんなって・・笑 えーと、制服着たりもするかも笑』

私:「おー!いいねいいね笑 おれも制服着てもらったりする!笑」

M美:『男の人って好きですよね〜〜何故か笑 でも高校の着せるのはちょっとロリ疑惑です笑』

夜景レストラン

===================
■ちょっと怖いナンパよりもアプリという現代女子。
===================

私:「かなりの人数が大好きだと思うよ!笑 出会ったきっかけに戻るけど、ペアーズ(pairs)で知り合ったってことだけど、他には何かアプリとかサイトやってるの?」
 
M美:『私は他にはやってないですね。友達はけっこう他のもやってますね。オミアイ(omiai)とか、ゼクシィ恋結びとかタップルとか。』

私:「けっこう詳しいね笑 僕は全部登録はしてるけど笑」

M美:『サイテーですね笑笑』

私:「ん、ごめん笑 街でナンパとかで知りあったりはしないの?」

M美:『それはイヤですね、なんか怖いし。アプリだと会う前に色々話せるし、フェイスブック教えてもらったりもできるし安心ですね。』

私:「うんうん、やっぱり安心感は大事だよね。じゃあ質問を変えて、サラリーマンとセフレになるメリットってある?きっと何かしらで満足しているからセフレを続けてるんだよね?」

===================
■リーマンと付き合うメリットはお金?
===================

M美:『そうですね。人恋しいっていう以外だと、やっぱりお金持ってるから楽しいかなあ。プレゼント欲しいとかじゃないけど、普通に美味しいお店に連れてってもらえるのが楽しいかも。前彼は同い年の学生でしたけど、やっぱりお金はないですよね笑』

私:「うんうん、おれも女子大生と付き合うと、美味しいお店とかオシャレなお店はすっごい喜んでくれるよ。」

M美:『私の友達に手は出さないでくださいね笑 そうですね、お金を気にしないで楽しめるのは気楽でいいです。前彼と付き合ってる時は幸せだからお金なくても楽しいけど、サラリーマンと遊んだらお金の差にビックリしました笑』

私:「サラリーマンの皆さんには嬉しい情報ありがとう笑」

M美:『贅沢とかは全然必要なくて。普通にオシャレなお店に行くのが楽しいです。』

私:「そうだよね。じゃあ今回はこれくらいにしておくね、インタビューありがとう!今度は友達のセフレ女子に話し聞かせてね笑」

M美:『なんか狙われそうだから考えておきます笑笑 はい、ありがとうございました!』

以上、現役女子大生のM美ちゃんでした!(^^)

●セフレ女子のホンネをインタビュー 女子大生M美①

こんにちは(^^)
今回はセフレの気持ちを知るためのインタビュー企画です。
セフレが欲しい我々としては、何をすべきか?
そうです、セフレの女の子の気持ちを知ることです。笑

内緒


あながちこれは冗談でもなくて、私の昼間の仕事のマーケティングでも『ターゲットの気持ちを知る』ことはもっとも重要なことです。よくある方法は主に2種類あり、多くの対象者にアンケートを取る定量リサーチと、対象者の考えを深くするための定性リサーチがあります。
後者の定性リサーチの中で、少人数の対象者に様々な質問をなげかけ、深掘りする手法として「デプスインタビュー」という方法がありますが、本サイトのセフレ女子へのインタビューはこれに近い位置づけになります。

さて、前置きが長くなりましたので、本題に入りますね!

今回のセフレ女子は『女子大生』のM美ちゃんです。
(残念ながら私のセフレではありません・・)

彼女は現役のセフレ持ちで、お相手はごくごく普通のサラリーマンとのこと。
我々サラリーマンにとっては希望の持てる嬉しいお相手ですね。笑

===================
■出会いのきっかけは王道のペアーズ(pairs)
===================


私:「こんにちは、よろしくお願いします♪」

M美:『よろしくお願いしまーす笑』

私:「ではいきなりだけど、いま今は彼氏はいなくて、セフレ持ちなんだよね?笑」

M美:『はい、そうです!笑 なんか恥ずかしいです笑』

私:「大丈夫大丈夫、おれもセフレいるし一緒だから、お互いに本音で話そうね!笑 」

M美:『わかりましたー笑』

私:「うん!今のセフレは付き合ってどれくらいで、どんな相手なの?」

M美:『いまの相手はだいたい半年くらいかなあ。相手はサラリーマンで、保険の営業の人です。』

私:「半年かあ、じゃあこれからどうなるかの分かれ目の時期だね〜。出会いはどこで知り合ったの?」

M美:『出会いはペアーズ(pairs)で知りいました。かなりいろんな人からメール来たけど、なんか真面目そうだしご飯くらいはいいかなって。ホントは彼氏が欲しかったんですけどね笑』

===================
■女の子の受信メール数は半端ない。初回メールがカギ!
===================

私:「ペアーズ(pairs)は私もたくさんお世話になってるよ。もしかしておれもメール送ってないよね?笑 まあそれは冗談として、色々なメールが来た中で決め手になったのは真面目そうってところ?」

M美:『ん〜〜、たくさんメール来たから覚えてないけど多分もらってないんじゃないかなあ笑 そうですね。メールはとにかくたくさん来るので、相手のメール文章を見て、信頼できそうだったらプロフィールを見て、内容がちゃんとしたことが書いてあったら返事をする、って流れですね。』

私:「なるほどね~。女の子はメールの量が半端ないもんね。相手のメールを見て、なんかダメだったらもう対象外になっちゃうってことだね。」

M美:『うんうん、そうです。プロフィールも3,4行でちゃんと書いてないとなんか返信しにくいですね。』

私:「相手の顔はどうなの?」

M美:『けっこう普通笑。彼氏じゃないし、そこまで顔は求めてないですね。』

私:「じゃあ何を求めてるの?プレゼントとか?笑」

M美:『あはは笑 違いますよ〜私は純粋に人肌が恋しくて笑』

私:「純粋に抱かれたい、と笑」

M美:『だってフリーは寂しいんですもん笑』

私:「大丈夫、皆そうだから笑 でもエッチだけじゃなくて、デートもしたりするの?」

M美:『そうですね、エッチだけだと多分続かないと思います。なんか、エッチもする友達って感じですね。普通に外でご飯デートして、その後に彼のお家にお泊りって流れが多いかな。』

私:「(前のめりで笑)お泊りエッチかあ〜羨ましいな笑 プレイはどんなことするの???」

次回に続きます(^^)




 
カテゴリー
  • ライブドアブログ