プロ出会いリーマンの出会い道 l 出会いノウハウあれこれまとめ

こんにちは、トモトモと申します。 皆さん、女の子と出会えていますか?どこにでもいるリーマンの僕は、出会えています。 このブログの目的は、①「体験記を備忘録的に残したい」②「出会いに悩みを抱える方々とノウハウを共有したい」です。 私トモトモと何人かの共著者と一緒に、自身のマーケティングや事業企画のスキルも使い「口コミ」「コツ」「テクニック」「スキル」を紹介していきます。さあ、あなたもご一緒に出会える人生を謳歌しませんか?

●Facebook(フェイスブック)で出会う!

●Facebook(フェイスブック)で出会う!

■Facebook(フェイスブック)で出会う!

・Facebook(フェイスブック)は出会える♪
そこにはたくさんの女の子がいるから!


Facebookは日本で2,400万人が利用する巨大ソーシャルネットワークです。(2014年11月時)
2人に1人は毎日利用しており、多くの女子がそこにいます(^-^)

トモトモのターゲットである「大学生~30代」は多くが利用しています。
それは活用しない手はないですよね!



ターゲットが多くいるのは分かったが、じゃあどうやって出会えばいいのか?
これが誰もが気になることでしょう。

・Facebook(フェイスブック)は無料で出会える!


Facebook(フェイスブック)での出会い方は、「有料」/「無料」という分け方でみると2通りあります。

有料の手段としては、Facebook(フェイスブック)のデータを連携したマッチングサービスの「Pairs(ペアーズ)」、「Omiai(オミアイ)」、「ゼクシィ縁結び」のようなサービスを利用することは他の記事で書いているように大いに有効です。

もう一つが、無料で出会う方法です。
無料でも出会いたい!という不届きもの(私ですm)は、Facebook(フェイスブック)をそのまま利用しちゃえばいいのです。
その性質上、半分仕事で使っている人も多いでと思いますので、その辺が気になる方はそれもクリアする必要がありますね。(別アカウントの作成など)
様々な手段やコツがあるので、それを知っており実践できた人は、ウハウハであることは間違いないでしょう!

・Facebook(フェイスブック)は日本人以外も出会える!

Facebook(フェイスブック)は世界で世界13億8千万人が利用しています。
これはどういうことかというと、日本以外の女の子とも出会えちゃうということです。

実際にトモトモは、Facebook(フェイスブック)で海外の女の子もイタダイています笑
日本在住の外国人女子はもちろんですが、海外旅行に行った際に現地の女の子といちゃいちゃできるのです。
もちろんそこは買春ではなく自由恋愛&火遊びなので、無料でごちそうになっています(^-^)
(トモトモは年に2回は海外に行くので、その渡航先の女の子を狙います)

・さあ、Facebook(フェイスブック)を活用しよう

さあ、世界13億8千万人のFacebook(フェイスブック)の世界へ、一緒に踏み出しましょう!
(トモトモは日本をメインにして、たまに海外をイタダクスタイルです)

※カテゴリ「●Facebook(フェイスブック)で出会う!」はこれから記事を追加していきます。お楽しみに!

●Facebook(フェイスブック)でどうやって出会う?

■Facebook(フェイスブック)でどうやって出会う?

前回の記事で、Facebook(フェイスブック)は出会える!
と高らかに宣言しましたが、践しているか否かは置いておいて、そのこと自体は皆さんすでにご存じですよね?

ここでいう「出会う」は、新規での出会いを指して話を進めていきます。(昔の知り合いを狙って出会うパターンはここでは除外します)
「これまで面識も交流もない女の子」と出会うわけですが、やみくもにいいね、友達申請、またはメールを送っても効率が悪いですね。
下手をすればアカウント停止の悲しい目にあうこともあり得ます。

そこで、今回の記事では様々ある出会う方法のうち、最も簡単と思われる「趣味で出会う」パターンを紹介します。

・「共通の趣味」で出会う!

趣味で出会うとは、その名の通り共通の趣味を軸に出会うことを目的としています。
例えば「旅行好き」「好きなミュージシャン」「アジアのビジネスに興味がある」など、なんでもOKです。
共通の趣味であれば初対面のハードルが下がりますし、拒絶される確率も軽減できます。

今回の例では「●ィズニー好きの女の子」をターゲットにしてみます。
ディズニー好きな女の子は世の中にたくさんいますよね、日本のテーマパークで最も来場者が多い施設なので当然ですが。
では、彼女たちはFacebook(フェイスブック)でどうやって探してアプローチすればよいのでしょうか?

・「グループ」で探す!

Facebook(フェイスブック)には「グループ」という機能があり、例えば同窓生や趣味の仲間をまとめるためにページを持つことができます。
共通の趣味を持つメンバーをまとめるためにも「グループ」は使われており、”●ィズニー好き”というグループも複数存在します。

この記事を書いている2015年9月半ば時点で、●ィズニー好きのグループで参加者が最も多いグループはなんと9,000人オーバーです。
他にも複数存在しているので、重複メンバーを加味してもかなりのメンバーが参加していることが言えますね。

<手順>
①Facebook(フェイスブック)検索窓で「●ィズニー」と検索する
②●ィズニーに関するページやグループ、個人が表示される
③グループを選択する
④グループに参加する※
※公開のグループはそのまま入れますが、非公開のものはグループの管理者をしているユーザーの承認を待つ形になります。



・「グループ」で交流する!


さあ、いよいよグループに入りましたね。
ここでは「ネズミ好きグループ」に入ったとしましょう笑

グループに参加したら、自分がグループに参加したことをメンバーにアピールしましょう。
方法は大きく2つあります。

1つ目は、自己紹介を投稿することです。
文章はこんなイメージです。

「グループに入りました、名前です(^-^)。ネズミ―ランドは毎月行っています、ネズミの情報を色々交換できたらうれしいです♪」※
※自分は別にディズニーが好きでなくても良いので、話をあわせられる程度に勉強をすればOKです。
(何も勉強せずでは何も得られませんので、最低限の努力は必要なのです笑)

投稿にはグループのメンバーから「いいね」や「コメント」がつきますので、そのメンバーに友達申請すると良いですね。

2つ目は、他メンバーの投稿に「いいね」「コメント」をすることです。
自分が投稿した記事に「いいね」がつくとなかなか嬉しいものです。
そもそもSNSが流行る理由の一つに他社からの承認欲求がありますが、そこを刺激する行為が「いいね」であり「コメント」ですね。
その後、投稿者に友達申請するといいでしょう。

<手順>
①自己紹介の投稿をする
②他メンバーの投稿にいいね、コメントをする


さあ、これを繰り返すことでどんどんネズミ好きの友達が増えていきます。
グループの中にはオフ会を開催しているものも多いですし、そこに参加するも良し、
コメントやメッセージをやりとりして個人的に飲みに行くのも良しです。
(トモトモは後者の個人プレー派です笑)

次回は、友達申請の注意点や友達申請をOKしてもらいやすくするコツを紹介します(^-^)

●Facebook(フェイスブック)で「友達」を増やそう!気を付けることは何?

■Facebook(フェイスブック)で「友達」を増やそう!気を付けることは何?

さて、前回はグループに参加することをおススメしました。
これでグループ内のメンバーにコミュニケーションをする土台ができましたね。

次は、グループメンバーと友達になるSTEPです。
友達になれば、メッセージの返信率が上がりますので、それはデートの約束をとりつけるも上がり、ひいてはイタダク率が上がるためです。
そんな大事な「友達申請」ですが、ここは注意して行いましょう。

・友達申請は慎重に!

友達申請をむやみに乱発すると、なかなか承認されないですよね?
同じグループとはいえ、そのことを知らないかもしれませんし、話したこともない人から友達申請が来るわけですから。
それは自分のアカウントの評価が下がることになり、運営側に目をつけられます。
(正確にはアカウントを評価するアルゴリズムで不利になり、利用停止などのペナルティの対象になりえる)

ですので、前回記事で少し触れたように、下記を実行することをおススメします。

<友達申請の承認率を上げる!~認知・礼節編~>
・グループ内での自己紹介を投稿する。
→グループ内メンバーの目に触れやすくなります。
 投稿にいいねやコメントをしてくれたユーザーは大半が承認してくれます。
 
・グループ内での他メンバーの投稿にいいね、やコメントをする。
→グループ内メンバーの目に触れやすくなります。
 定期的に複数回行うと、たまにしか来ないユーザーの目にも触れやすくなりますね。

・友達申請をしたいユーザーの投稿に、コメントで申請してもいいかを聞く。
→知らない人とはいえ、相手に礼節を備えていることを感じさせます。
 また、コメントされると断りにくい感じを相手に与えますので効果的です。

・友達申請をしたいユーザーの投稿に、メッセージで申請してもいいかを聞く。
→知らない人とはいえ、相手に礼節を備えていることを感じさせます。
 申請がダメな場合は返事が返ってきませんが、それは捨てて他へアプローチすれば良いです。

さあ、上記のような細かい行動で、無事友達になったとしましょう(^-^)
ここまでは、相手に知ってもらう、確認することで拒否される率を下げようというテクニックでした。
次は、さらに承認率を上げるテクニックになります。



・友達申請の承認率を上げよう!


女の子から友達申請が来た場合、あなたはどうしますか?
先に相手のルックスを確認し見た目についてフィルターをかけ、投稿内容をみてどういうことを投稿しているかをみて、基本情報を見て相手の年齢や住所、趣味などを確認しませんか?

相手の女の子も同じ行動を行います。
本記事の前半のように、同じグループに入っていて、礼節をもってアプローチしても、承認してもらえないことも多々あります。
彼女が判断したのはその要素以外の点について満足いかなかったからです。
それは自分のルックスかもしれませんし、基本情報に乗っているプロフィールかもしれませんし、趣味の違いによるものかもしれません。
(そもそも知り合いしか友達承認しないというスタンスの場合はあきらめるしかないですが。。)
要は、仮に2人から礼節をわきまえた形で申請が来た場合、1人しか承認しない場合は、ルックスや基本情報のスペック、趣味、投稿内容をもって判断されるのです。

なので、最低限下記はしっかり押さえましょう。

<友達申請の承認率を上げる!~セルフブランディング編~>

・プロフィール写真:顔写真を載せる!(クリアでなくても、加工して一部が欠けていてもないよりは全然OK!)
・投稿内容:自分の言葉で書いた投稿を載せる!他人の記事をシェアしてばかりや、アフィリエイト、ネットワークビジネス(ねずみ講)ばかりだと、金銭目的の個人や業者ではないか?と疑われて承認率が下がります。
・プロフィール:情報量が少なすぎるとアクティブでない印象を与えるので、一通りの項目は埋めましょう。

さあ、いかがでしたでしょうか?
みなさんは上記を実行していますか?
必ずしも完全な正解ではないと思いますが、ベターな行動のひとつではあると思います。
それはこれまでの自身の経験上、また複数の情報協力者からのデータより言えることです。
各コツはそれぞれでいくらでも深堀できる内容なので、また詳しく掘り下げる記事で書きたいなと思います。(^-^)

カテゴリー
  • ライブドアブログ