プロ出会いリーマンの出会い道 l 出会いノウハウあれこれまとめ

こんにちは、トモトモと申します。 皆さん、女の子と出会えていますか?どこにでもいるリーマンの僕は、出会えています。 このブログの目的は、①「体験記を備忘録的に残したい」②「出会いに悩みを抱える方々とノウハウを共有したい」です。 私トモトモと何人かの共著者と一緒に、自身のマーケティングや事業企画のスキルも使い「口コミ」「コツ」「テクニック」「スキル」を紹介していきます。さあ、あなたもご一緒に出会える人生を謳歌しませんか?

●セフレ女子のホンネをインタビュー 女子大生M美①

こんにちは(^^)
今回はセフレの気持ちを知るためのインタビュー企画です。
セフレが欲しい我々としては、何をすべきか?
そうです、セフレの女の子の気持ちを知ることです。笑

内緒


あながちこれは冗談でもなくて、私の昼間の仕事のマーケティングでも『ターゲットの気持ちを知る』ことはもっとも重要なことです。よくある方法は主に2種類あり、多くの対象者にアンケートを取る定量リサーチと、対象者の考えを深くするための定性リサーチがあります。
後者の定性リサーチの中で、少人数の対象者に様々な質問をなげかけ、深掘りする手法として「デプスインタビュー」という方法がありますが、本サイトのセフレ女子へのインタビューはこれに近い位置づけになります。

さて、前置きが長くなりましたので、本題に入りますね!

今回のセフレ女子は『女子大生』のM美ちゃんです。
(残念ながら私のセフレではありません・・)

彼女は現役のセフレ持ちで、お相手はごくごく普通のサラリーマンとのこと。
我々サラリーマンにとっては希望の持てる嬉しいお相手ですね。笑

===================
■出会いのきっかけは王道のペアーズ(pairs)
===================


私:「こんにちは、よろしくお願いします♪」

M美:『よろしくお願いしまーす笑』

私:「ではいきなりだけど、いま今は彼氏はいなくて、セフレ持ちなんだよね?笑」

M美:『はい、そうです!笑 なんか恥ずかしいです笑』

私:「大丈夫大丈夫、おれもセフレいるし一緒だから、お互いに本音で話そうね!笑 」

M美:『わかりましたー笑』

私:「うん!今のセフレは付き合ってどれくらいで、どんな相手なの?」

M美:『いまの相手はだいたい半年くらいかなあ。相手はサラリーマンで、保険の営業の人です。』

私:「半年かあ、じゃあこれからどうなるかの分かれ目の時期だね〜。出会いはどこで知り合ったの?」

M美:『出会いはペアーズ(pairs)で知りいました。かなりいろんな人からメール来たけど、なんか真面目そうだしご飯くらいはいいかなって。ホントは彼氏が欲しかったんですけどね笑』

===================
■女の子の受信メール数は半端ない。初回メールがカギ!
===================

私:「ペアーズ(pairs)は私もたくさんお世話になってるよ。もしかしておれもメール送ってないよね?笑 まあそれは冗談として、色々なメールが来た中で決め手になったのは真面目そうってところ?」

M美:『ん〜〜、たくさんメール来たから覚えてないけど多分もらってないんじゃないかなあ笑 そうですね。メールはとにかくたくさん来るので、相手のメール文章を見て、信頼できそうだったらプロフィールを見て、内容がちゃんとしたことが書いてあったら返事をする、って流れですね。』

私:「なるほどね~。女の子はメールの量が半端ないもんね。相手のメールを見て、なんかダメだったらもう対象外になっちゃうってことだね。」

M美:『うんうん、そうです。プロフィールも3,4行でちゃんと書いてないとなんか返信しにくいですね。』

私:「相手の顔はどうなの?」

M美:『けっこう普通笑。彼氏じゃないし、そこまで顔は求めてないですね。』

私:「じゃあ何を求めてるの?プレゼントとか?笑」

M美:『あはは笑 違いますよ〜私は純粋に人肌が恋しくて笑』

私:「純粋に抱かれたい、と笑」

M美:『だってフリーは寂しいんですもん笑』

私:「大丈夫、皆そうだから笑 でもエッチだけじゃなくて、デートもしたりするの?」

M美:『そうですね、エッチだけだと多分続かないと思います。なんか、エッチもする友達って感じですね。普通に外でご飯デートして、その後に彼のお家にお泊りって流れが多いかな。』

私:「(前のめりで笑)お泊りエッチかあ〜羨ましいな笑 プレイはどんなことするの???」

次回に続きます(^^)




 

●セフレの作り方①「女子はセフレになるの?」

■セフレの作り方①「女子はセフレになるの?」

こんにちは(^-^)
突然ですがみなさん、セフレはいますか??

トモトモはもちろん、今はいます!
この「今は」が肝で、セフレの確保に苦労する時期はけっこうありましたね。。

・社会人は、セフレが欲しくても実生活では作りにくい!

特に社会人になり、出会う世界がある程度限定されると、そもそもの機会が減りますよね。
また、社会人という立場上、仕事で出会う人とはなかなか適当な関係を持ちづらいです。
(セフレではないですが、社内恋愛したときは何かと別れた後面倒でした。。)

社会人としては、普段の社会生活とはなるべく別の場所でセフレを作るのがベターではないでしょうか。
趣味の仲間もいいですが、社会生活で関わると思いますので、やっぱりネットでの出会いが一番でしょう。
(街中でナンパできる猛者は置いておきますw)

ということで、トモトモは複数のWEBサービスを利用してセフレを探しています。
その一つがタイトルにもあるペアーズ(pairs)ですね。
(「Pairs(ペアーズ)」、「Omiai(オミアイ)」、「ゼクシィ縁結び」、またそのほかでもOKです。)

要は、既存の社会生活とは切り離された出会いであり、既存の社会的関係に影響を与えない場所であることが重要です。



・そもそも女の子はセフレになってくれるの?・・・YES!!

さあここで、あるアンケートを引用します。
某有名女性雑誌の近年のセックス特集号でのアンケートで、下記のような結果が出たそうです。

結果を一言で言うと、
「5人に1人はセフレ願望があり、タイミングによっては半数の女の子はセフレになりえる」
です。

===========================
<某有名女性雑誌でのアンケート>
Q、よく知らない相手とセックスしたことはありますか?
YES:24% NO:79%
 
Q、浮気でセックスしたことはありますか?
YES:45% NO:55%

Q、どんな相手とセックスしていますか?
結婚相手    :11% 
恋人      :69% 
元恋人     :8%
セックスフレンド:10%
不特定     :2%
===========================

最後のQでは、結婚相手や恋人意外とセックスしている人が20%いることが分かりますね。
これがセフレの範囲ですね、5人に1人です。
また、浮気で約半数がセックス経験あるということなので、浮気を「一時的なセフレ」と定義すると、
一時とはいえ約半数はタイミ ングによってはセフレとして抱けるということでしょう。
(論理がちょっと強引なのはご容赦ください笑。要はマーケットがあるということですね笑)

では、次回はセフレの育て方を考えていきましょう笑
ではでは(^-^)

●④ペアーズ(pairs)_メッセージ交換から実際に会いイタダクまで

さあ、マッチングしたら、いよいよメッセージのやりとですね(^-^)v  
メッセージからイタダクまでを、順にSTEP分けして追っていきましょう☆

⚫️メッセージをやりとりする⚫️
 
ミッションとしては、メッセージうまく盛り上げ、次STEPの「LINEへ移行」へつなげる地ならしをすることです。場を温めることですね。

ここで1点注意ですが、いいねを双方が送りマッチングしても、100%がメッセージのやりとりに繋がるとは限りません。女の子から来た場合は別だと思いますが、男からした場合は、とりあえずいいねを返しただけというパターンもあるからです。ただ、ほとんどの場合はそのままメッセージへ移行すると思います。

会話が始まれば、少なくとも会話をしてもいいなという双方の意思があったのですから、お互いのプロフィールに載っている趣味嗜好のこと、共通のコミュニティについて話題を振れば、3回程度のやり取りは問題なくできますね。

    ☆メッセージを深掘りはこちら☆

⚫️LINEなどへ移行する⚫️

 さあ、そこそこ場が温まれば、いよいよLINEなどの「ペアーズ(pairs)でなく、直接やりとりできる手段」へ移行する段階です。

メッセージ機能があるので、別にそのままでもいいじゃないか?と思われるかもしれませんが、ここで
LINEなどを交換することは重要です。個人情報に近しいそれを交換することは、一歩、親密性を増す効果があります。

自分なりの「LINEなどを聞き出す型」を作り、それ通りに実行すれば良いのです。
例えば、
「もっと話したいから、LINEで話そ」            ←このままでも話せますw
「アプリが重いから、LINEで話そう」            ←理由になっていますv
「アプリの通知が気づかない、LINEで」         ←設定すればきますw
「今度ご飯に行きたいから、LINEで」             ←理由になっていませんw

などなど。

ここでは、理由になっていなくてもそれっぽくなっていればいいんです笑
「個人情報に近しい情報を、あなたと交換したい。それは、もう一歩前に進みたいから」という意思をみせることが重要です。

⚫️アポを設定する⚫️
 
さあ、LINEに誘導したら、アポイントを設定します。
 
好きなご飯などを聞き、それ通りに設定すればここはスムーズにいくでしょう。
ここは様々なナンパテクが活用できるポイントですので、人によって特に差がつきますね。どういうことかというと、アポの日時によって攻め方も変わりますし、相手へ与える印象も違います

<例:日時による特徴の一例>
・平日の夜に会う
    →仕事を理由に、比較的遅め設定が可能。あえて遅めにし、終電を無くす戦略も。食事か飲むか、行けて映画程度か。相手への印象は、ごく普通。よくあるパターンですね。
・土日などの休みに会う
    →時間を自由に設定でき、昼からでも夜からでも可能。食事や飲み以外にも、映画、遊園地、などなど様々なカスタム可能。土日は、休日を割いて会うので自分の本気度を伝えやすい。
・昼間に会う
    →昼間は、ランチやカフェデートなどができますね。飲みという形ではないので、下心が無いのかな?と、安心感、誠実感を伝えやすい

今後の戦略により手段を変えると、とても効果的です。すぐにいただきたい場合は、平日の夜、それも金曜などは鉄板でしょうね笑

⚫️会う⚫️

 さあ、実際に会って、盛り上げます。
待ち合わせでは、「写真と違うな・・」という経験を誰もがすると思います笑
これはマイナスの意味で感じることが多いと思いますが、お互い様ですので良しとしましょう。

ここでは話題が重要ですね。
これも自分なりの「口説きの型」を持つことが重要です。
趣味や仕事の話をずーーっとして、恋愛トークに持ち込めなかった経験はありませんか?私はけっこうあります笑  ここで学び、「自分なりの会話の順序の型」を構築していったのです。ごく単純に書きますが、下記のように頭の中に置いておくだけで全然違います。

<型の一例>
①仕事の話
②趣味の話
③恋愛の話

他のコツも様々ありますが、やはりこの伝統的な技は効きます。
「たくさんお酒を飲む」笑

       
☆実際の生々しい出会い体験記はこちら

⚫️イタダクw⚫️ 

さて、会話も盛り上がったところで、いよいよいただきにかかります笑
前のSTEPで恋愛トークをし、意識付けをしっかりできていれば、ちょっと誘ってみましょう。

<今日イケるか?を探る一例>
・二件目に誘う
    →ごく基本ですね。OKであれば、まだ確定ではありませんが一歩前進です。
・歩いたり飲んでる時にボディタッチ
    →これも基本ですが、拒絶されなければ、OKです。乗ってきたらいけるでしょう。 
・終電を逃させる
    →これは鉄板ですね。もう朝まで飲むか、ホテルへ行くか、お家へ行くかの三択です。まずタクシーでは帰りません。

初日でその気がないな、と感じた場合は、無理せずに紳士ぶって放流しましょう。
初日でダメでも、2日目でイケた例などはごまんと有ります。
女の子側も「軽い女だと思われたくない」という思考が働くので、これはそれに合わせてあげましょう。
 
さて、いかがでしたでしょうか?
ペアーズ(pairs)上でのメッセージ交換までいけば、かなりの確率で実際に出会えます。しかし、出会ってからが重要ですのでここは日々改善をする必要があります。
上記ではごく基本的な例を書いていますが、様々な「コツ」がありますので、それは各STEPを深掘りするコンテンツとして別途書いていきたいと思います。(^-^)
カテゴリー
  • ライブドアブログ